性感染症の症状と治療法ガイド|抗生物質を通販で購入して性病を完治しよう

STD(性病・性感染症)

STD(性病・性感染症)とは、性行為によって感染する病気の総称です。
「STD」は「Sexually Transmitted Diseases」の略となります。(STIと呼ばれる事もあります)
激しい症状があるものもあれば、症状をあまり感じないものもあります。自覚症状が無く感染している事に気づかないでいると、いつの間にか体がむしばまれていってしまったり、知らない間に他人にうつしてしまったりします。STD(性病・性感染症)は多くの種類があります。

・性器クラミジア感染症
・淋菌感染症
・HIV感染症/エイズ
・梅毒
・腟トリコモナス症
・性器カンジダ症
・性器ヘルペス
・尖圭コンジローマ(ヒトパピローマウイルス)
・非クラミジア性非淋菌性尿道炎
・ケジラミ症
などは代表的なSTD(性病・性感染症)です。

・疥癬
・軟性下疳
・A型肝炎
・B型肝炎
・C型肝炎
・赤痢アメーバ症
・細菌性腟症
・伝染性単核球症
・サイトメガロウイルス感染症
・成人T細胞白血病
などあまり知られていないSTD(性病・性感染症)もあります。

STD(性病・性感染症)は感染症ですが、基本的には空気感染したり飛沫感染したりする事はありません。ほとんどの場合、感染している人との性行為によって接触感染します。病原菌を含んだ精液や膣分泌液、血痕などが、口や性器の粘膜、皮膚などに接触する事によって感染します。ここでいう性行為とは、セックス(膣性交)だけではなく、フェラチオ、クンニリングス、リミングなどオーラルセックス(口腔性交)、アナルセックス(肛門性交)も含まれます。マスターベーション(自慰行為)は含まれません。反対に性行為以外に日常生活の中では通常感染する事はありません。STD(性病・性感染症)は感染症ですので、自然発生する事もありません。

STD(性病・性感染症)は身近な病気

STD(性病・性感染症)は、性風俗に行ったりなど不特定多数の相手と性行為する事によって感染するもので、とくに身近な病気では無いと考えている人も多いです。
しかし、近年ではごく普通の恋人同士や夫婦の間でも広がっているのです。今現在は一人の相手としか性行為をしていない場合でも、過去の性行為の相手やその相手のさらに過去の相手などが感染していると自分も感染している可能性があります。例えば、過去に一人の相手としか性行為をしていない場合でも、その一人が過去に不特定多数の相手と性行為していれば、自分が感染している可能性は何倍にも高くなるのです。

また、STD(性病・性感染症)は年齢に関係無く感染します。若い世代でも感染者は多いですし、近年は高齢化社会ですので中高年の間でも感染が広がっている傾向があります。性行為による感染の例外として、女性が感染者の場合に出産時に母子感染する可能性があります。出産時に感染させてしまうと、肺炎や失明の原因となってしまったり、最悪の場合は死に至る可能性もあります。また、出産後でも口写しなどによって感染する可能性もあります。
STD(性病・性感染症)の症状は種類によってさまざまですが、男女共に不妊症の原因となる可能性があります。妊娠中に感染すると、流産や早産の原因となる可能性があります。STD(性病・性感染症)の中には症状を感じない種類のものもありますので、妊娠した場合は一度検査すると良いでしょう。

そして、STD(性病・性感染症)に感染していると危険なのは、HIV(エイズウイルス)に感染する可能性が通常より3〜5倍高くなるとされています。STD(性病・性感染症)に感染していると粘膜が炎症を起こしている状態となりますので、抵抗力が低下して細菌やウイルスが侵入しやすくなってしまうのです。
性行為は人間が生きていくうえで大切な行為です。そのためSTD(性病・性感染症)は誰にでも感染する可能性があり身近な病気と言えます。

ページ上に戻る