性感染症の症状と治療法ガイド|クラミジアと淋病の詳細

性器クラミジア感染症

「性器クラミジア感染症」は、STD(性病・性感染症)の中でも知名度も高く代表的なものです。感染数もSTD(性病・性感染症)の中で一番多く、日本では性器クラミジア感染症の感染数は100万人以上と言われています。
とくに10代後半から20代にかけて若い世代の感染者が多く、ある調査では一般高校生の性行為経験者のうち、女性では13%男性では6%が感染していたという結果となりました。性器クラミジア感染症は男女共に、感染しても自覚症状が無いという特徴があります。これにより、感染している事に気づかないまま相手にうつしてしまうという事が非常に多いです。

性器クラミジア感染症の病原体は「クラミジアトラコマティス」というものです。感染経路は、セックス(膣性交)、オーラルセックス(口腔性交)、アナルセックス(肛門性交)、あらゆる性行為で感染します。感染者との性行為によって粘膜、精液、膣分泌液を介して感染してしまいます。オーラルセックス(口腔性交)の場合は、咽頭(のど)に感染してしまう場合もあります。性器クラミジア感染症に感染していると、HIV(エイズウイルス)に感染する可能性が通常より3〜5倍高くなるとされています。また、出産時に母子感染する可能性もありますので、妊娠している場合は妊婦検査を受ける必要があります。

症状としては、男性の場合は主に尿道に感染し、尿道炎や精巣上体炎(副睾丸炎)などになり、尿道からの分泌物(膿)・軽い排尿痛・尿道のかゆみや不快感・精巣上体の腫れ・軽い発熱や痛み、などが出ます。尿道からの分泌物(膿)は、粘り気にあるものもあればサラサラとしているものもあります。ただし、症状が出ない場合が多くあり、そのまま放置してしまうと前立腺炎や血精液症になってしまう場合もあります。

女性の場合は主に子宮頸管(子宮入口の管)に感染し、子宮頸管炎を起こしてしまいます。その後、腹腔内に進入して骨盤内でさまざまな症状が出ます。おりものの増加・不正出血・下腹部の痛み・性交時の痛み、などが出ます。しかし、女性の場合は男性と比べてとくに症状が出ない場合が多いと言われており、そのまま放置してしまうと卵管炎となり、子宮外妊娠や不妊症の原因となってしまいます。

性器クラミジア感染症に感染してしまった場合は、通常は抗生物質の投与により治療します。商品名のジスロマックの主成分アジスロマイシンが性器クラミジア感染症に有効な治療薬です。症状よって1日〜1週間ほど薬を服用します。その後、3〜4週間経ったら再発していないか再検査を行います。性器クラミジア感染症の予防としては、やはり性行為の際にコンドームの使用が有効となります。コンドームの使用はほとんどのSTD(性病・性感染症)の感染予防に有効です。

淋菌感染症

「淋菌感染症」は、性器クラミジア感染症と同様にSTD(性病・性感染症)の中でも代表的なものです。とくに男性の感染者が多いとされており、性風俗でフェラチオ、クンニリングス、リミングなどのオーラルセックス(口腔性交)での感染が多いようです。
淋菌感染症は感染率が高いという特徴があり、1回の性行為での感染確率は約30%と言われています。
また、性器クラミジア感染症と同時に淋菌感染症に感染する事もあり、淋菌感染症の感染者で同時に性器クラミジア感染症にも感染している人が20〜30%いるとされています。淋菌感染症に感染すると、男性には強い症状が出て女性にはあまり症状が出ないという特徴もあります。淋菌感染症の病原体は「淋菌」です。性器クラミジア感染症と同様に感染経路は、セックス(膣性交)、オーラルセックス(口腔性交)、アナルセックス(肛門性交)、あらゆる性行為で感染します。これも感染者との性行為によって粘膜、精液、膣分泌液を介して感染してしまいます。オーラルセックス(口腔性交)などで、咽頭(のど)から性器に感染してしまうケースもあります。また、こちらも出産時に母子感染する可能性もありますので、妊娠している場合は妊婦検査を受ける必要があります。

症状としても性器クラミジア感染症と似ていて、男性の場合は主に尿道に感染して尿道炎や精巣上体炎(副睾丸炎)などになってしまいます。尿道からの分泌物(膿) ・激しい痛みの排尿痛・尿道のかゆみや不快感・精巣上体の腫れ・発熱や激しい痛み、などが出ます。尿道からの分泌物(膿)は、粘り気があり量も多いです。そのまま放置してしまうと前立腺炎や血精液症になってしまう場合もあります。性器クラミジア感染症と比べると「痛み」が強いですので放置する事自体難しいですが、放置しすぎると無精子症となってしまう可能性もあります。

女性の場合も症状は性器クラミジア感染症と似ていて、主に子宮頸管(子宮入口の管)に感染し、子宮頸管炎を起こしてしまいます。その後、腹腔内に進入して骨盤内でさまざまな症状が出ます。尿道炎を併発する事もあります。おりものの増加・不正出血・下腹部の痛み・性交時の痛み、などが出ますが、女性の場合は症状が出ない場合がほとんどです。しかし、症状出ないからといって放置してしまうと、卵管炎や骨盤腹膜炎を起こして子宮外妊娠や不妊症の原因となってしまいます。

淋菌感染症に感染してしまった場合は、通常は抗生物質の投与により治療します。オススメはペニシリン系の抗生物質アンピシリンです。通常1日〜1週間ほどで完治しますが、抗生物質の投与から3日以上空けて再発していないか再検査を行います。淋菌感染症の予防も、やはり性行為の際にコンドームの使用が有効となります。コンドームの使用はほとんどのSTD(性病・性感染症)の感染予防に有効です。

ページ上に戻る