性感染症の症状と治療法ガイド|ヘルペスとカンジダの詳細

性器ヘルペス

「性器ヘルペス」は、口唇ヘルペスから多く人がその名を知っていると思います。STD(性病・性感染症)の中でも代表的なものになります。一番の特徴は、現在の医学では原因のウイルスを死滅させる事ができないというところです。ですので、治療は症状を抑えるための治療となります。症状の再発を繰り返す事も多いですが、初感染よりも症状は軽くなる事が多く症状が治るまでの期間も短くなっていきます。

性器ヘルペスも口唇ヘルペスも同じ「単純ヘルペスウイルス」によるものですが、口唇や顔など上半身に症状が出る場合は主に1型の口唇ヘルペスで、下半身に症状が出る場合は主に2型の性器ヘルペスとなります。感染経路は、セックス(膣性交)、オーラルセックス(口腔性交)、アナルセックス(肛門性交)、あらゆる性行為で感染します。ヘルペスの病変部(患部)と接触する事によって感染してしまいます。症状が出ていない時でも、性器の皮膚や粘膜にウイルスが出てきて感染する可能性もあります。性器ヘルペスではなくても、口唇ヘルペスからオーラルセックス(口腔性交)によって感染する事もあります。また、母子感染する可能性もあり、出産時にヘルペスの病変部(患部)がある場合は帝王切開にて出産する事もあります。

症状としては、男性の場合は病変部(患部)の表面がヒリヒりしたりムズムズしたりします。その後、2〜10日ほどでかゆみを伴った赤いブツブツや水ぶくれができてきます。そして、それが破れて潰瘍(ただれたようなもの)ができてきます。強い痛みがあり、場合によっては発熱もあります。それと同時に太もものリンパ節の腫れや痛みもみられます。病変部(患部)は、亀頭・陰茎の場合が多いですが、肛門・お尻・太もも・直腸粘膜に出るというケースもあります。

女性の場合は外陰・腟の入口・お尻に症状が出ます。水ぶくれや潰瘍(ただれたようなもの)ができて、強い痛みで排尿する事も困難な状態になる事もあります。それと同時に太もものリンパ節の腫れや痛みもみられます。場合によっては発熱もあります。また、子宮頸管や膀胱にまで感染が広がる場合もあります。男性も女性も共通で、初感染で必ず症状が出るわけではありません。初感染時に症状が出ずにその後初めて症状が出た場合は、初感染で症状が出る場合よりも症状は軽い事が多く、症状が無くなるのも早いです。しかし、性器ヘルペスは症状が再発する事が非常に多く、1年以内に8割以上の人が再発するい言われているのです。

性器ヘルペスに感染してしまった場合は、通常は抗ヘルペスウイルス内服薬が治療に使用されます。商品名バルトレックスの主成分バラシクロビルがヘルペスには効果的です。5〜10日程度で症状が無くなります。性器ヘルペスの予防はコンドームの使用が推奨されていますが、ヘルペスの病変部(患部)と接触する事によって感染してしまいますので、コンドームの使用が完全な予防とはなりません。

性器カンジダ症

「性器カンジダ症」は、STD(性病・性感染症)の中でも少し性質が異なります。性器カンジダ症は性行為による感染はもちろんあるのですが「自己感染」があるのです。病原菌のカンジダ菌は真菌(カビの一種)で、もともと人が体内で膣内や腸管などに持っている事が多い菌です。それが、体調を崩したりなどのきっかけで色々な症状を発症させてしまいます。とくに女性の感染者が多い事も特徴的です。

STD(性病・性感染症)ですので性行為による感染もあり、症状が出ている時に性行為をしてしまうと相手に感染してしまいます。
症状としては、男性の場合はほとんど症状が出ることはありませんが症状が出る場合は、亀頭の痒み・亀頭のただれ・亀頭が赤くなって白いかすが出る・亀頭に小さな水泡ができる・ごくまれに尿道炎、などがあります。また、感染している状態で、包茎や糖尿病、ステロイド剤の投与などが原因となり症状が出るケースもあります。

女性の場合は症状が出る事が多く、、腟と外陰部の両方に同時に出る事が多いとされています。外陰部や腟の痒み・ヨーグルト状のおりものの増加・性器の炎症(腫れや痛み)・性交痛・排尿障害、などが出ます。風邪や疲労などで免疫力が低下したり、抗生物質やステロイド剤などの使用をきっかけに症状が出る場合もあります。また、妊娠をきっかけに症状が出る事もあります。そして、もともとカンジダ菌は口腔内に存在すると言われており、口腔カンジダ症やカンジダ症口内炎を起こす場合もあるのです。

性器カンジダ症の治療には、一般的には直接病変部(患部)に塗る軟膏や抗真菌作用のある内服薬が使用されます。カンジダ症はフォルカン(ダイフルカン)が治療に効果的です。1〜2週間程度で症状が無くなり治る事が多いです。性行為による感染予防にはコンドームの使用が有効です。自己感染がありますので、必ずコンドームの使用で防げるわけではありません。症状は免疫力の低下がきっかけに出る事が多いですので、免疫力の低下の要因(病気や薬の使用)を取り除きながら治療する事が理想的です。

ページ上に戻る