性感染症の症状と治療法ガイド|トリコモナスと梅毒の詳細

腟トリコモナス症

「腟トリコモナス症」は、腟トリコモナスという原虫が性器内に入り込み炎症を起こすSTD(性病・性感染症)です。腟トリコモナス症はその名もあって女性のSTD(性病・性感染症)だと思われがちですが、男性にも感染します。しかし、男性の場合は症状が出る事はほとんど無く、女性の場合にざまざまな症状が出ます。感染経路は、セックス(膣性交)、オーラルセックス(口腔性交)、アナルセックス(肛門性交)、あらゆる性行為で感染しますが、それに加えて下着、タオル、便器、浴槽でも感染の可能性があるのです。これによって、性行為の経験の無い女性や幼児にも感染する可能性があります。

症状としては、男性の場合はほとんど症状が出ることはありませんが症状が出る場合は、尿道からの分泌物(膿)・軽い排尿痛、といった尿道炎の症状となります。感染が尿道だけの場合は、排尿によって洗い流される場合があります。尿道炎の症状が出るまでの場合は、トリコモナスが前立腺や精のうに寄生してしまっている事が多いです。この場合、尿道炎だけではなく前立腺炎を起こすケースもあります。女性の場合は男性に比べ症状が出る事が多いですが、それでも症状の出ない女性感染者が20〜50%いるとされています。

女性の場合は、主に膣や子宮頸管にトリコモナスが寄生しますが、場合によっては膀胱や尿道へも感染する事があります。そして、あわ状の悪臭の強いおりものの増加・外陰部や腟の強いかゆみや痛み、などがみられます。症状が出たとしても出ないとしても、治療せずにそのまま放置してしまうと、炎症が卵管まで進んでしまい不妊症や早産や流産の原因となる可能性がありますので危険です。

腟トリコモナス症の治療には、一般的には内服薬が使用され10日程度服用します。飲むお薬だと商品名ファシジンの主成分チニダゾールが効果的です。女性の場合は症状によって膣錠を使用する場合もあります。性行為による感染予防にはコンドームの使用が有効です。しかし、感染源が原虫ということもあり性行為以外でも感染しますので、コンドームの使用で完全に予防できるわけではありません。

梅毒

「梅毒」は、1940年代に「ペニシリン」という抗生物質が普及するまで、不治の病として恐れられていたSTD(性病・性感染症)です。日本では江戸時代に遊郭で大勢の感染者と死者が出た事で有名となりました。現在では早期治療する事によって完治する事ができます。梅毒は「トレポネーマ」という病原菌によって感染するSTD(性病・性感染症)です。感染経路は、セックス(膣性交)、オーラルセックス(口腔性交)、アナルセックス(肛門性交)、あらゆる性行為で感染します。とくにアナルセックス(肛門性交)での感染が多いと言われており、現代では同性愛者の間でひそかに感染者が増加しています。また、口腔に梅毒の病変部(患部)がある場合は、キスでも感染する可能性があります。梅毒は皮膚や粘膜の小さな傷などから病原菌が入り込み、血液から全身に広がっていきます。母子感染する可能性もありますが、現在では妊娠検診で発見できるためほとんど無くなりました。梅毒に感染するとHIV(エイズウイルス)に感染する可能性が高くなりますので、梅毒に感染した場合はHIV(エイズウイルス)の検査を受けるなど注意が必要です。

症状としては、男性も女性も同様で4期に分かれています。
まず第1期(感染から3週間程度)として、感染した箇所(性器、肛門、口など)の皮膚や粘膜にしこりができます。軟骨程度の硬さで1〜2cmほどの大きさとなり、徐々にしこりの中心から盛り上がってきます。そして、太ももの付け根のリンパ節が腫れます。この時点では、感染した箇所にも太ももの付け根にも痛みは無く、2〜3週間で症状が消えていきます。
その後、第2期(感染から3ヶ月程度)では、病原菌が血液に入り込み全身に広がっていきます。顔や手足に赤っぽいアザが出来てきて、やがて赤茶色になりぶつぶつとしていきます。同時に脱毛もみられます。この症状が3ヶ月〜3年ほど続いて、また症状が消えていきます。
その後、第3期(感染から3年以上)になると、皮膚や筋肉、骨などにゴムのような腫瘍ができます。結節性梅毒疹やゴム腫など呼ばれます。しかし、現代では医学が発展していますので、第3期まで進む事はほとんどありません。
その後、第4期(末期)では、多くの臓器に腫瘍ができたり、脳・脊髄・神経を侵され死亡に至ります。現代では、第3期・第4期まで進む事はほぼありません。

梅毒に感染してしまった場合は、ペニシリンという抗生物質の投与により治療します。梅毒に効果的なアンピシリンがオススメです。感染から早期治療なら1ヶ月、通常でも2〜3ヶ月の治療となります。性行為による感染予防にはコンドームの使用が有効です。しかし、性器以外の病変部(患部)の接触により感染する可能性がありますので、コンドームの使用で完全に予防できるわけではありません。

ページ上に戻る